skip
gnb
contents
footer

石炭博物館

facebook
twitter
print

案 内

  • 観光案内電話 1330 : +82-2-1330
  • 保寧市庁の観光交通課 観光振興担当 : +82-41-930-3541~2
  • 石炭博物館 :+82-41-934-1902

ホームページ

石炭産業の生きている教育の場、 内部展示館及び外部展示館に区分して作られた石炭博物館には各種炭鉱施設や 鉱物見本類その他1、700ほどの見本が展示されている。 内部展示館はすべてが6つの場所で構成されていて、 各場所はそれぞれの特性によって備えられている。 観覧案内及び記念品を販売する案内の場、石炭の生成過程を見せる探究の場、 石炭及び岩石の種類と石炭利用の歴史を説明する発見の場、 そして参与の場は炭鉱及び坑道のモーションが展示され てあるが実際に炭鉱に来ているように事実的に作られている。

また確認の場では石炭が生産、 される過程が影像物で放映されて、 最後の体験の場は2階に設けられてあるが、 各種化石と石炭博物館 のハイライトと言うことができる 模擬坑道が設置されている。

石炭博物館に入ると、 まず模擬坑道の入口が現れるが、 その入口はエレベイターに連結されている。 エレベイターに乗ってスイッチを 押せばエレベイターは急降下を始める。 地下100m、 200m... わずか1分ぶりにエレベイターは 地下400mまで下降する。

実際は2階から1階に下降 することであるだけであるのに、 誰でも勘違いする程、精巧に 施設を操作してある。初めて 乗る人はその実感性で恐怖を 感じるくらいである。 精巧な施設と実感できる現場 エレベイターの扉が開けばまさに 模擬坑道に連結される。 坑道内には鉱夫の作業光景の模 型が実物と同じように製作されている。 また特殊音響効果によって天空作業、 電気発破、廃石処理、採炭作業、 運搬作業順に進行する作業過程が実 際のように進行される。内部展示館をすべ て観覧して外に出れば野外展 示場が設けられている。 野外展示場は生産された石 炭を玉馬駅まで運搬していた坑道の入口、 圧縮機、鉱車などの炭鉱で利用した 大型装備が展示されてある。これと共に彩炭鉱で埋没されて犠牲になった炭鉱勤労者たちの冥福を祈る慰霊塔が立てられている