skip
gnb
contents
footer

武昌浦 大海老・コノシロ祭り

facebook
twitter
print

「神秘の海の道祭り」で有名な武昌浦の海辺で開催される、もう一つの祭りです。「武昌浦大海老・コノシロ祭り」では、干潟で貝や大海老を採るイベントなど、さまざまな体験イベントが行われます。武昌浦の特産品である大海老とコノシロのすばらしさを広めるためのイベントだけあって、イベント期間中は大海老やコノシロを普段より安く買うことができるほか、祭り期間中、武昌浦海水浴場から石台島まで約1.5Kmの海が割れる、現代版「モーゼの奇跡」と呼ばれる現象が見られます。

コノシロの特徴

旬の食べ物は、一服の良薬と同じ位の効果があるといわれます。秋の始まりである9月は、夏の暑さで失った食欲が回復する季節です。特に、海の幸が旬を迎えます。「春はメイタガレイ、秋はコノシロ」という言葉がありますが、それだけ秋のコノシロはおいしいということです。春に産卵したコノシロは夏の間に身が太り、秋にはピークに達します。そのため、噛む度に香ばしい旨味が口の中に広がるのが特徴です。

大海老の特徴

「本草綱目」では、大海老は腎臓をよくし、血行を良くし陽気を旺盛に盛り上げる最高の精力剤と称えています。そのため、「独身男性は食べるな」と言われるほどです。「大海老〈大蝦:テハ〉」は「大きいエビ」という意味で、特定の種類を指す言葉ではありません。大海老といえば塩焼きです。フライパンや鍋にクッキングホイルを敷いて粗塩を敷き詰め、その上に大海老を並べて蓋をし、加熱すると海老に火が通り赤くなります。大海老スープも格別です。あっさりとしながらも辛いスープは、カニのスープとは一味違います。

  • 期間 : 毎年9月中旬~10月初旬
  • 場所 : 武昌浦港一帯