skip
gnb
contents
footer

淡水の釣り

facebook
twitter
print

淡水の釣り

忠南圏でいちばん代表的な釣り場は、保寧の清川貯水池が有名である。

Fresh water fishing [photo]

忠南圏でいちばん代表的な釣り場は、保寧の清川貯水池が有名である。 84万坪に達する大型貯水池として水質が清くて釣り上げた魚は大きくてたくさん釣れる。 これに比べて谷間型貯水池である聖淵池は春の産卵時に大きな在来種のフナがたくさん釣れる。 この二つの場所は全て、残り物のような魚が釣れたり、 25cm以上が主種を成して香魚もたくさん釣れたりする。 山林が秀麗で水深が深く、周囲が静かで、 軽く釣りを楽しもうとする方に合う所が長賢池である。

また梅雨時に、上流圏の新しい水が流 入する所に形成している藍浦池は6値以 上の中値級の魚がよく釣れて、初心者 でも簡単に釣りを楽しむことができる。 この外に時々4尺以上の魚が釣れて 話題になる晋竹池、池の底に沈殿物 が形成されて漁資源が豊富な竜堤池など 保寧は全体が釣り場と言っても過 言ではないくらいである。

青羅(青川)貯水池

水面積:840,000坪 漁種:フナ、 鯉、ハス、雷魚、 香魚、 (コウライ)ギギ 概況:西海岸の最大の海水浴場がある保寧市に位置した青羅貯水池は 60年9月築造されたU字型の谷間型貯水池で秋には釣り場として10月初めから釣りがうまく出来る。 堤防から左側圏(長山里)の方は幅が狭くて長いので水草の状態が良くなくて右側圏(香泉里) の方は幅が広くて水深が薄いので水草が広く分布されているので、左側圏は夏、秋の釣り場、 右側圏は春から冬の氷釣りまですることができる。 特に左側圏(長山里)の周辺がポイントである。

* 京釜高速道路 : 天安 IC->温陽->洪城->大川->36番国道->青川橋三差路から右折 ->堤防の右側(香泉里)

  • 大川駅の市内バスターミナル->青陽行きの市内バス利用(貯水池の右側)
  • 大川駅の市内バスターミナル->玉渓行きの市内バス利用(貯水池の左側)

晋竹貯水池

  • 対象魚種 : フナ
  • 釣り方法:春の水草釣りが一番効果的である。

2.5~3.5竿の釣り竿に釣りの糸は3~4号糸を1.5~1.8mの長さで結んで使い、 2号糸の外針に多少細いみみずを3~4匹ずつ差し入れて使えば大漁を釣る確率が高い。

概要 : 年中有名な地点である右側上流から堤防に至る水草地域と、 左側上流の松岩洞の村の薄い水草畑で25~30cm級のフナが多量に採られる。

洪城及び光川を経由して周浦と大川方向へ下がって行けば青所から西側の鰲川方向へ 1.5km地点

長賢池貯水池

長賢池は青羅池よりは知られてない所であるが種卵と魚の数では決して青羅池に負けない。3万3千坪の谷間型貯水池である長賢池は山林が秀麗で水深が深くて周囲が静かで、 簡単な釣りを楽しむことができる所である。7~8値の在来種のフナが主種を成して春の産卵期や夏の夜釣りで大きな魚が期待できる。 ここのフナは清い水質影響で引っ張りがよく,引き上げの時も心地よい。

鯉は60センチ以上の大物として棲息密度が高い。 釣り餌には無難なほうがみみず釣りもすすめられる。現地人たちによればみみず釣りも大物がかか る確率が高いと言う。

長賢池は大川駅から青陽方向の36国道を利用して独亭三叉路で左折する。 そして玉渓三叉路で長賢方向にさしかかり、農路に沿って2キロメートルを行くと長賢池、 また1キロメートルぐらい細道に沿って行けば明台谷間の入口に至る。

大川ターミナルで青羅。明台行きのバス利用 青羅。明台谷間行きバスは 09:25~17:40まで 一日4回運行, 約40分所要。

藍浦池貯水池

藍浦池は代表的な忠南の釣り場で、大勢の釣りマニアが長項線に乗って訪 ねる所である。以前には長さが一尺以上の大きな魚が出没したが、 現在は6値以上の中値級の数が多い。引き上がりがよく、引っ張りが強い。

梅雨の時は上流圏の新しい水が流入される所にポイントが形成され, 水色が安定すれば堤防の右側の沿岸上流突出部分が進められる。

藍浦池は大川から舒川方面へ21号国道に沿って行く途中で、 左側に保寧市の綜合運動場が見え,ここから国道に沿って3キロメー タルを通り過ぎれば藍浦面所在地が出るから所在地の入口で右に曲がって(越田方向) 1キロメータル後方の左側にある。

竜帝池貯水池

地齢が半世紀を越えた珠山の竜帝池は長項、群山の専門家たちがよく訪ねる釣り場である。

底に沈澱物が形成され、水が乾くことなく, 漁資源が豊富だ。 フナ、鯉、雷魚などが棲息して、 堤防の左側の畑と最上流のよしずが一級のポイントである。

竜帝池は保寧市内から舒川方面へ行くと、熊川邑の次に珠山面所在地が出るが、 珠山面所在地で村の住民に問い合わせ。

藍浦池は大川から舒川方面へ21号国道に沿って行く途中で、 左側に保寧市の綜合運動場が見え,ここから国道に沿って3キロメー タルを通り過ぎれば藍浦面所在地が出るから所在地の入口で右に曲がって(越田方向) 1キロメータル後方の左側にある。

竜帝池貯水池

地齢が半世紀を越えた珠山の竜帝池は長項、群山の専門家たちがよく訪ねる釣り場である。底に沈澱物が形成され、水が乾くことなく, 漁資源が豊富だ。 フナ、鯉、雷魚などが棲息して、 堤防の左側の畑と最上流のよしずが一級のポイントである。

竜帝池は保寧市内から舒川方面へ行くと、熊川邑の次に珠山面所在地が出るが、 珠山面所在地で村の住民に問い合わせ。