skip
gnb
contents
footer

藍浦すずり

facebook
twitter
print
Nampo Inkstone [photo]

士らの文房四友(紙、筆、すみ、すずり)中の一つであるすずりは今日のコンピュータ程、 必須的な事物であった。

そのような学者達の必需品のすずりの中で最も貴重な物として知られていたのが、 藍浦産すずりである。 朝鮮時代の実学者の徐有而の林園経済十六志にも書いてある通り、藍浦県聖住山で出土される藍浦石の中で石蘭硯・br> A金砂文硯、銀沙文硯、 白雲珍賞石硯がすずりのなかで一番貴重な物と言われた。 雲進上石硯の中で石質が一番優れている花草石は硯石の一部分に美しい紋様が 入っており、ほとんどの自然石も少しだけ手入れすると一級品の硯になる程、 藍浦産の石材はその品質が優れている。 現代社会に入って硯は徐々にその使用量が減り、国内で生産される硯の 60~70%は保寧産製品である程、保寧は硯の本産地である事を自任する。 1987年藍浦すずりの制作技能が忠清南道の無形文化財6号として指定された。